2019/05/06
病気や事故は総じて突然やってきます。 その突然のことを受け入れることができる人は、当事者やその家族を含めそう多くはありません。 当事者は苦しみます。 何故自分が?なんの罰だ?こうなる前にできることはなかったのか? そして介護施設への入居へも抵抗を感じます。 その家族も苦しみます。...
2019/04/21
バランス良く。 よく聞く言葉ですがこれほど難しいことがあるでしょうか。 食事、睡眠、運動。 バランス取れてますか。 パートナーシップ、子育て、仕事。 バランス取れてますか。 そもそもバランスを取るための支点や基準ってわかりますか。 正直僕にはこの支点や基準を言葉で説明することはできません。...
2019/04/11
おおらかでのんびりしている。頼りになる。素直でやさしい。言葉で損をする。尖っている。人の痛みがわからない。 褒められようとけなされようと結局何を言われても気に入らない。 他人からの評価は重要だけど結局満たされない。 自分を認める、受け入れることができない。 どこまでいっても自分に否定的だ。...
2019/04/10
身体は明らかにストレスを訴えているが、本人はストレスのようなものはないと言う。 どっちが本当の声なのか。 ストレスに対する治療を行ってみてもあまり効果がない。 他にあやしいところを整えてみてもあまり効果がない。 本人がストレスを自覚していない場合もある。...
2019/04/08
心と身体の調整に鍼灸が求められることが当たり前の世の中になりました。 心と身体の声に耳を傾ける。 心の声は、理解して欲しい、楽になりたい、触れないで、向き合いたくない、と言うかもしれない。 身体の声は、痛い、苦しい、治して、と言うかもしれない。 まず最初に聞いてあげる必要があるのはどの声か。...
2019/04/04
おうちでご家族やパートナーに「マッサージされたい」「マッサージしてあげたい」と思うこと、ありませんか? わが家では夫婦で互いへのマッサージが欠かせません。 互いのケアができるとそれだけで豊かさが広がります。 疲れがとれるだけではなく優しい時間が生まれ、対話や思いやり、互いへの理解と感謝も広がります。...
2019/03/22
昨日から清明までの二週間は春分の季節です。 春分の日以降は昼(陽)が長くなり身体の中も外もいよいよ陽が強くなっていきます。 春、正確には立春から穀雨までの三か月、人の気も自然の気ものびやかに繁栄しようと動き出します。 精神的にのびやかにとは、自分を責めることなく褒めてあげる。また、やろうとしていたことを行動に移すなどです。...
2019/03/13
先日胃カメラなるものを初めて受けてきました。 胃の不具合が続いたのと、父がピロリ菌を持っていたので念のためと思い受けてきました。 軽い出血の痕があるぐらいで問題はありませんでした。 初めての経験なので初めて知ることがいくつかありました。 胃カメラの検査中、先生が「お坊さんみたいだな~」とつぶやいていました。...
2019/03/11
まずはゴールを決める。 全てはそれからだ。 ゴールとは何だ。 それは気にならない、思い出しても動揺しない、とらわれない。 所謂赦しの状態だ。 求めているのはその赦しの状態のはずだ。 求めているがそうなれないから苦しい。 そうなれないには訳がある。 ゴールを曖昧にしているからだ。...
2019/03/09
愛は自由である。 愛は制限や束縛などがない。(念のため断わっておきますが何をやってもいいという意味ではない) 愛は言葉にできることではないのだけれど、どうしてもその側面を伝えるために言葉が必要な場合がある。 親が病気のために、その子供が自宅で介護をしている。 病気の親に、病院や施設に入ってもらう。 冷たい。かわいそう。薄情。...

さらに表示する