鍼灸(しんきゅう・はりきゅう)について


鍼灸・はりきゅう・針灸は、

日本では国家資格を有する資格者だけが行える施術で、中国の歴史ある医学です。当院では中医学に基づいた医学理論から弁証しています。

 

これにより、症状だけを診る西洋医学とは違って個々それぞれの体質と起こっている状態との関連を見ながら、施術の方針を立てていきます。

 

おおまかに言えば、からだのエネルギーのどこが余分でどこが滞りどこに足りないかを見極めます。それに対して過不足が無くなるよう、また滞りを流し、からだがバランスできるようにしていくのです。

 

自然治癒力が上がり、全体として活性され、うちなる生命力としっかり繋がった状態へと導いていきます。


弁証

弁証とは四診(望診、聞診、問診、切診)を併せて病態を診断することです。

そして弁証には八綱弁証、臓腑弁証、経絡弁証、六経弁証、衛気営血弁証、気血弁証があります。


四診

四診とは望診、聞診、問診、切診の四つの診断法です。

望診

全身、顔色、舌、爪、髪、皮膚、経穴、身体の動きなどを目で見る。

 

クライアントさんが入ってきた時点で望診は始まっています。

歩き方、立ち方、扉の開閉の仕方、靴の脱ぎ方、挨拶の仕方、座り方などで全身の動きを見ます。

 

顔色は五臓六腑の状態を表します。

色、艶、油、毛穴、化粧のノリ具合などを見ます。

 

舌は身体の虚実寒熱を表します。

舌の動き、色、舌苔、潤い具合、舌下静脈などを見ます。

 

爪の縦横の線は五臓六腑の異変を表します。

色、もろさ、ささくれなどを見ます。

 

髪は気血の盛衰を表します。

質、色、量などを見ます。

 

皮膚は肺の状態や気血の盛衰や精神の過敏度を表します。

色、艶、油、毛穴などを見ます。

 

そして中医学において最も大切なのがその人に神が宿っているかどうか。

それはその人の存在感または眼に表れます。

聞診

声、呼吸などを耳で聞く。

 

声は五臓の状態を表します。

声の高さ低さ、大小を聞きます。

 

呼吸は乾燥や痰湿を表します。

呼吸の音を聞きます。

問診

会話を通して既往歴、現病歴などをうかがっていきます。

 

この問診と同時に望診、聞診も繰り返し行っていきます。

切診

脈、腹、経穴、全身を触っていきます。

 

脈は五臓六腑の状態、気血の盛衰を表します。

脈の速度、数、形状を診ます。

 

手首、足首、頚、足背の脈をそれぞれ併せて診ます。

 

腹は五臓六腑の状態を表します。

力の有無、硬さ、温度、皮膚の状態などを触っていきます。

 

経穴は身体の虚実を表します。

経穴の陥凹、発汗の有無、圧痛などを探ります。



八綱弁証

八綱弁証とは、病の性質や部位が表裏(病邪が浅いところにあるのか、深いところにあるのか)、寒熱(病邪の性質が寒性なのか、熱性なのか)、虚実(正気が足りないのか、過剰なのか)、陰陽(陰は裏寒虚、陽は表熱実に属す)の何を表し何処に属すのかを解明するものです。


臓腑弁証、経絡弁証

臓腑弁証とは、病変部位が五臓(肝、心、脾、肺、腎)六腑(胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦、心包)のどこにあるかを判断する方法です。

経絡弁証とは、疾病が十二経脈(肝、心、脾、肺、腎、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦、心包、それぞれに経絡があります)のどの経絡にあるかを判断する方法です。


上記の情報を統合し、最終的な弁証をします。その弁証に基づき経穴(ツボ)を選穴、配穴します。

 

気の通り道である経絡とその中の重要ポイントである経穴(ツボ)に、はり・きゅうを施すことでエネルギーの流れを整え、自然治癒力を高めて回復を促します。

 

また、健康な人が受ければさらにエネルギーを高めチャージすることで、リフレッシュ健康維持アンチエイジング美容にも役立ちます。

 

さらに継続した施術では体質改善も可能です。

 

はりきゅうは筋肉のこりや疼痛だけではなく内科疾患(頭痛、生理痛など)不定愁訴(情緒不安、うつなど)にもお勧めです。