可能性

多くの人は問題から無意識に逃げてしまう傾向を持っています。


離婚さえできれば、上司が変われば、子供ができれば、余裕があれば、やりたいことが見つかれば。


これらは問題を自分以外の何かに置き換えてしまっています。無意識に。


問題解決の鉄則は自分を変えることであり、問題のように見えている問題は今自分が変わることができることを教えてくれているということ。


これに気づけないと、離婚しても子供ができても余裕があっても次々と問題を自分以外の何かに求めます。


そしてこれを繰り返しているうちに問題はどんどん見えにくくなっていきます。


誰もこんなことは望まないはずですが無意識なのでいつの間にかそっちに向かってしまいます。

 

 


鍼灸治療を進めていくうえでこれらの問題に多く出会います。


症状を改善するにあたって心の癖を見つけることは必須です。


症状が改善しても心の癖が変わらなければまた新たに症状を生むからです。


症状をこのように見てみると、なかなか改善しなかった症状が改善の兆しを見せてくれます。

 

 


意識的にいることが問題を正確に捉える鍵だと考えます。


鍼灸がそのお手伝いになると信じています。


そして瞑想が。

 

 


読んでいただきありがとうございました。

 

ポチっとお願いします。

人気ブログランキングにエントリーしています。1日1クリックで応援いただけます