ちいさな発見

 

体調が悪い時、心を閉じる傾向があります。


放っておいてほしい、関わらないでほしい、面倒をかけないでほしい、言うことを聞いてほしい、邪魔をしないでほしい。


このような壁を作って心を閉じます。


これらの壁を壊されると当然不快になるわけです。


普段より不快を感じるアンテナを増やすのです。






体調が悪いのでこれ以上苦しいおもいはしたくない。そのために壁を作る。結果その壁は不快頻度を上げる。


こんなことは望んでないのに。






逆をやってみた。


体調が悪い時、理想の自分になろうとする。


すると世界はとても優しかった。


どうやら世界はこのようにつくられるようだ。


いいこと発見しちゃった。






読んでいただきありがとうございました。

 

ポチっとお願いします。

人気ブログランキングにエントリーしています。1日1クリックで応援いただけます