啓蟄

 

啓蟄。けいちつ、と読みます。


二十四節気の三番目の季節です。


二十四節気については季節もので度々書いています。


季節もので多くなるのはどうしても春です。


春の草木が芽吹く上昇性のエネルギーは強く、いつも言っていますが当然人間の体にも自然界と同じことが起こります。






そして啓蟄とは冬の間地中にいた虫が地上にはい出るという意味です。


地中からはい出てくる。やはり上昇性のエネルギーです。






体の中からはい出てくる。


何が?


『気』ですね。


気が上に昇れば頭痛や眩暈が起こるかもしれません。極端な場合は脳卒中を起こすかもしれません。


気が上に昇れば下半身が冷えるかもしれません。極端な場合は下半身の冷えからぎっくり腰を起こすかもしれません。


気が上に昇れば発作的な激しい咳がでるかもしれません、鼻血がでるかもしれません。






そして春は肝の季節。


精神的に敏感な方は肝の変化に敏感です。


上記の症状も全て肝に属します。他にも筋肉の痙攣やイライラや喉のつまり感やのぼせや眼の充血や乾きなども肝の症状です。


さらに女性の生理も肝が深くかかわります。ですので精神的に敏感な方は春の生理は普段よりきつく感じるかもしれません。






いずれにしても上昇性のエネルギーが原因であることがほとんどです。


対策としてはその上昇するエネルギーをうまく発散するか下に降ろしてあげるかです。


この発散や降ろすということは鍼灸が最も得意とするところの一つです。


是非ご相談ください。


ご自分でできる対処法は発散するなら運動で降ろすなら半身浴ですね。


逆のことをしてしまうと悪化の可能性があるのでやり過ぎには気を付けてください。






読んでいただきありがとうございました。

 

ポチっとお願いします。

人気ブログランキングにエントリーしています。1日1クリックで応援いただけます