望診 其の四

 

本日は毛髪診でございます。


このブログの筆者であり施術者であるわたくしは所謂禿である。


毛髪診ということでお越しになる方々はどうぞわたくしを望診してください。






毛髪は腎精(腎が蔵する気)と肝血(肝が蔵する血)の状態を反映する。


正常な毛髪は黒く艶があり適度な太さと弾力があり抜けにくい。


これが精血(腎精と肝血)が充実している状態である。






腎精が不足すると毛髪は細く抜けやすくなり白髪も増える。


若くして薄毛の方々はこのタイプ(腎虚)が多いようです。


またこのタイプ(腎虚)の方々は性欲が少ない、朝立ちしない、性交時中に萎えるなどの症状がある場合もあります。


これらは「虚」のタイプの薄毛ですが稀に「実」のタイプの薄毛もあります。


自分の熱(命門の火)が上に昇って頭を焦がしてしまうのです。


なんかニコチャン大王みたいでかわいそうな感じもします。


ニコチャン大王とはドクタースランプアラレちゃんに登場する、お尻が頭にある生き物で、お尻と顔が一体になっていて、屁をするとお尻と鼻が近いので気絶してしまうというかわいそうな生き物です。





 肝血が不足すると毛髪は腎精不足と同じように細く抜けやすくなり、または乾燥し艶がなくなります。


肝血が不足すると腎精も不足します、その逆も然りです。


精血同源と言われる所以です。






しかし中医学とは見ますね~あちこちと。


わたくしも外出先では気付かれないように人様のあちこちを観察しております。


今日の一言。


「人混みは勉強材料の宝庫である」。


読んでいただきありがとうございました。

 

ポチっとお願いします。

人気ブログランキングにエントリーしています。1日1クリックで応援いただけます