中堅

 

去る6月24日に北辰会というところが主催する勉強会に出席させていただきました。


個人で治療院を営んでいる者にとって学ぶ機会があるというのはありがたいことです。


勉強会では午後は3時間の実技になっており、参加者と二人一組になり、そこにわりと十分な数の講師がつくという贅沢なものでした。


また参加せていただきたいなと思いました。


北辰会と参加者の皆様ありがとうございました。






その勉強会でいくつか面白い発見がありました。


堂々としている人、おどおどしている人。謙虚な人、横柄な人。控えめな人、主張の強い人。丁寧な人、雑な人。


講師の方々、参加者の方々、どちらにも上記のような人たちがいます。


これだけ様々な人間(しかも同業者)というものを同時に見せてもらうと、自分の在り方を省みるという機会を与えてもらえます。


そういう意味でもありがたい勉強会でした。


さらに、お互いに身体を触れ合い会話をしていると、この人は開業している人、この人はお勤め、この人は学生というように、それぞれの人の立場が見えてきます。(そういう会話はしないのに)


こんなふうに人の立ち位置みたいなものが見えるというのは初めての経験でした。


そこで自分を見てみると、ああもう中堅なんだなと感じました。


そこに特別な思いはありませんでしたが(笑)






いずれにしても多くの人とかかわると自分が揺さぶられるのがわかります。


この揺さぶりの多くは不安で、何か足りないのでは、このままでいいのだろうか、あの人は大丈夫そうだけど、などと頭がおしゃべりを始めます。


このおしゃべりはきりがないし、それの言うことに応えることも無駄だということはわかってはいるけどしばらくは落ち着きません。


静まるまで瞑想しかないですね。


さて、できることを確実に丁寧に新鮮な気持ちでやっていきましょう。






読んでいただきありがとうございました。

 

ポチっとお願いします。

人気ブログランキングにエントリーしています。1日1クリックで応援いただけます