台風

 

皆様ご無沙汰しています。


台風24号の影響で現在もお店の電話とインターネットがつながらない状態です。


めげずに営業していますので、大変ご不便をおかけしますがご連絡は✆08039029799にお願いします。


よろしくお願いします。






今日は少し台風のお話をさせてください。


台風は同じ市町村でも立地によって影響が大きく変わります。今回は南城市具志堅のRuach近辺での台風についてです。






まずは台風対策。


ご予約いただいているクライアントさんには停電の可能性をお伝えしてその場合はお休みさせていただく旨をお伝えし、往診先の方々には公共交通機関が止まった場合はお休みさせていただくことを伝えておきます。Ruach近辺は台風がとても強いので他の市町村が問題なくても停電する場合が多々あります。


停電に備え電気を使わずに食べられるものを買っておきます。


庭の花木、これは経験から極力置かないようにしていますがそれでもいくつかはあるので鉢植えをしまい、木は倒れないように縛ります。


看板なども強風でとばされないよう縛るなどします。


各窓や扉の隙間から強風により雨が吹き込むのでタオルや新聞紙をサッシの隙間に詰め込みます。


停電に備え冷蔵庫の中のものを保存するためにクーラーボックスを準備し、ランタンや懐中電灯を準備し、携帯などの充電をしておきます。






さて台風中です。


停電さえなければ通り過ぎるのを待つだけです。


いざ停電するとクーラーが使えず窓が開けられないのでひどく蒸し暑いです。


お湯も出ないのでシャワーは水です。水だと蒸し暑くても結構寒いものです。


ガスは使えますが換気扇やクーラーが使えないので部屋がさらに暑くなります。


今回ぐらいの台風になると強風のため雨が横や下から吹き付けます、サッシにタオルなどを詰めていますがそれでも少しづつ吹き込みます。風向きによっては一時間おきに見て回らないと床に水が漏れだします。おちおち寝てもいられません。


Ruach近辺は山なので強風で木の葉が大量に飛んできます。その葉っぱがベランダなどの排水を詰まらせ、取り除かなければ室内に浸水します。取り除こうにも強風で窓が開けられません。下手に開けると強風に煽られ窓が割れたり指を挟んだりの危険があります。台風の目に入った瞬間を狙い取り除きます。


強風や大雨などの轟音に怯えます。






さて、なんとか台風が過ぎ去ったら後片付けです。


サッシの詰め物を取り除きあらためて水漏れなどの害はないかを点検します。


鉢植えや縛った木や看板を元に戻します。


家の全ての壁面、窓、室外機などにこびりついた塩と葉っぱを水で洗い流します。素早く流さないと塩害でそれぞれが傷みます。


車も洗います。


庭や駐車場などあちこちにたまった葉っぱなどを片付けます。


細かいことを挙げればまだまだありますがざっとこんな感じです。






今回は大きな台風が二つ続きました。


自分も含めさすがに皆さん少しうんざりしているようです。


何度も繰り返されると意欲や希望を失っていきます。


またか・・・、どうせ・・・、もういいや・・・。


沖縄の貧困について語られることが多々あります。


一番の原因は戦争であることは間違いありません。


人々から意欲や希望を奪う台風も貧困の原因の一つなのかもしれません。






昨今の日本全土を襲う数々の大災害、多くの方々が意欲や希望を奪われていることと思います。


オリンピックや新基地建設、莫大な予算が投入されています。


それで人々が奪われた意欲や希望が取り戻せるのか疑問です。


人あっての国家。


その人に意欲や希望を与える国家であって欲しいと願います。


日本全土、被災された方々に意欲や希望が在りますように。






読んでいただきありがとうございました。

 

ポチっとお願いします。

 

人気ブログランキングにエントリーしています。1日1クリックで応援いただけます