毎日が四季

 

もうすぐ夏が来そう。


今日はそんな気分になるお天気でした。


沖縄の気候は、夏以外は毎日四季の変化があるような感じです。


秋の清々しい空気から初夏になったり、冬のドンヨリとした感じから蒸し暑い夏のようになったり。


とにかく目まぐるしく変化します。


この一直線ではない気候の変化が僕はとても好きです。


ただし夏は夏、ただひたすらに夏、昼夜を問わず夏deth。






一直線ではない気候の変化が好きとは言いましたが、この変化は身体にとっては結構なストレスです。


中医学においては季節の変化には風が起こります。


この風は風邪(ふうじゃ)といってその他の邪、寒熱暑燥湿痰の邪を伴って身体を襲います。


よく季節の変わり目は心身ともにバランスを崩しやすいとか亡くなる方が多いとか言われるのはこの風邪のせいです。


ですので目まぐるしい天候の沖縄では風邪が慢性的に停滞している方々をよく診ます。


何気ない不調がこの風邪が原因であることが多々あります。


体力のある方であれば自力で回復できますが、病中病後で弱っている方や、産後の方、疲れが溜まっている方などは要注意です。


普段から身体のバリアである皮膚を強くしておくことが最大の養生法です。


皮膚を強くする簡単な方法は汗をかくこと、温かいシャワーの後にさっと水を浴びるなどです。


簡単なので是非やってみてください。






みなさんはこの目まぐるしい天候の変化は好きでしょうか、苦手でしょうか。


どちらにしても皮膚は強いほうがいいですよ。


また、鍼灸は皮膚を強くするのも得意です。


読んでいただきありがとうございました。

 

 

ポチっとおねがいします。

人気ブログランキングにエントリーしています。1日1クリックで応援いただけます