湿邪

 

この数日とんでもなく湿度が高い日が続いています。


Ruachのある知念具志堅は特に湿気が多いので気を抜くと色んなものがカビてしまいます。


除湿器やエアコンでの除湿は欠かせません。


除湿が欠かせないのは人体も同じです。なぜなら自然界の現象は必ず人体に影響するからです。






この過度の湿気を中医学では湿邪といいます。


湿邪は気の流れを阻害し停滞させ、その重濁性や粘滞性により、全身や四肢のだるさや痺れ、湿疹や下痢などの症状を引き起こします。


過度の湿気が湿邪となるので、当然梅雨の時期などは湿邪に侵されやすくなります。


沖縄では梅雨に限らず年中湿度が高いので、慢性的に湿邪が停滞している方を多く見かけます。






やはり湿邪には除湿です。


人体での除湿は脾がその役割を担います。


その除湿機能を持つ脾を健全に保つためには、暴飲暴食を控える。これに尽きます。


さらに細かく言うと、冷たい飲食物、油っぽいものや時間の経った油もの、甘いもの、消化の悪いものなどを控えること。


食べない飲まないではなく、控えるでいいと思います。


特に湿度の高い日は。






もともと痰が絡みやすい、浮腫みやすい、便がゆるい、身体が重い、お腹が張る、鼻水が多いなどの人は、脾が弱い、あるいは湿邪が溜まっている可能性があるので要注意です。


特に湿度の高い日は。






天候に合わせて日々の生活を工夫する。


そんな暮らしが様々な邪からあなたを守ってくれるはずです。






読んでいただきありがとうございました。

 

 

ポチっとおねがいします。

人気ブログランキングにエントリーしています。1日1クリックで応援いただけます